サービス
業界動向

グローバル・ウェルス&アセットマネジメント業界に影響を与えるトップ10の要因

2016.11.11

グローバル・ウェルス&アセットマネジメント業界に影響を与えるトップ10の要因先進国市場を中心とした着実な景気回復を受けて、グローバル・ウェルス&アセットマネジメント業界は安定した成長を続けています。しかし、資産運用会社は時に相反する規制環境や運用商品販売における報酬モデルの変化や投資家の人口動態の変化といった、めまぐるしい移り変わりに直面しています。

本稿では、以下、業界に変化をもたらすと考えられるトップ10の要因を取り上げます。

  • 1.ディスラプションを、現状への脅威ではなく、イノベーションの推進や市場の勝者となるための機会として捉えること
  • 2.顧客と規制当局の双方の信頼に応えるため、サイバーセキュリティ対策の強化を進める
  • 3.今後発生する可能性がある流動性イベントに効果的に対応するため、事前に十分な準備を行う
  • 4.トップの姿勢を決めるだけではなく、全社的に適切なコンダクト(行動規準)に基づく経営に重点的に取り組むこと
  • 5.確実に将来の資産運用業界のリーダーとなるため、目先の利益をある程度犠牲にしても、長期的に持続可能な成長への取組みを継続する
  • 6.商品のリスク・リターン以外の要因に関心が高まっていることを理解し、「目的を持った投資」への需要増に対応する
  • 7.単なる商品の押しつけでなく、優れた顧客経験価値を提供するコアビジネスモデルを採用する
  • 8.セールストークを簡素化し、余計な複雑さを削ぎ落とす
  • 9.戦略上の効率性だけでなく、成長も目的としてスマート技術(データも含む)を活用する
  • 10.年間を通じた全社的なコンプライアンス上の課題として、複雑なグローバル税務問題に対応する

和訳版と英文オリジナルレポートを併せてご確認ください。

関連ページ


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?