サービス
WAMラウンドテーブル開催結果

サイバーセキュリティの規制動向と概要
~企業経営におけるサイバーセキュリティ~

2016.11.01

サイバーセキュリティの規制動向と概要 - 会場風景 2016年10月27日、弊法人ではアセットマネジメント会社から13社(15名)の皆様をお招きし、「サイバーセキュリティの規制動向と概要~企業経営におけるサイバーセキュリティ~」と題するラウンドテーブルを開催しました。
前半では、金融アドバイザリー部の小出シニアマネージャーがサイバー脅威の動向やアセット業界におけるサイバー攻撃、経営層における取組みの強化、金融機関における管理態勢、体制強化等についてご紹介・解説しました。
後半では、出席者の皆様と弊法人ファシリテーターで、班ごとにディスカッションをし、課題や今後の対応について活発な議論を行うとともに情報共有を行いました。企業におけるサイバーセキュリティへの取組みは、企業の経営層が果たすべき責任の一つとして明確に位置づけられるようになっています。

セミナー概要

  • 日時: 2016年10月27日(木)9:30~11:00
  • 場所: 新日本有限責任監査法人
    〒100-6080 東京都千代田区霞が関3-2-5
  • 参加者: アセットマネジメント会社等13社(15名)
  • 参加費: 無料
  • スケジュール: 以下PDFファイルをご参照

スピーカー

小出 哲也 (Tetsuya Koide)
新日本有限責任監査法人 金融アドバイザリー部 シニアマネージャー

略歴: 国内大手生命保険会社にて、システムリスク、サイバーセキュリティ、ITガバナンス構築(COBIT5)等のマネジメントを担うなど、IT開発・マネジメント・ガバナンスからリスク管理と広範囲に豊富な経験を持つ。特にサイバーセキュリティについては、国の重要インフラ専門委員会委員として「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第3次行動計画」の策定に参画、FISC金融機関におけるサイバー攻撃対応に関する有識者検討会委員、FISC金融機関におけるクラウド利用に関する有識者検討会委員、一般社団法人金融ISAC運営委員(兼共同演習WG座長)を歴任するなど、サイバーセキュリティに係る幅広い知見・ネットワークを持つ。


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?