新日本有限責任監査法人
国際財務報告基準
(IFRS、国際会計基準)
IASBの動向

公開草案「規制繰延勘定」の公表

2013.04.26

2013年4月25日、国際会計基準審議会(IASB)は、公開草案「規制繰延勘定(Regulatory Deferral Accounts)」(ED)を公表しました。

本EDは、料金が規制される事業を営む企業がIFRSを新たに適用する際に、従前の料金規制事業に関する会計基準の規定を引き継ぐことを認める基準の草案です。EDに対するコメント期限は、2013年9月4日です。

多くの国では、鉄道、電気及びガスのように料金規制を受ける産業セクターを有していますが、このような料金規制は、企業の収益の認識時点や金額に重要な影響を及ぼすことがあります。

IASBが行う3年ごとのアジェンダ協議での意見募集のフィードバックが2012年末に公表されていますが、当該アジェンダ協議においても料金規制事業に関して多くの意見が寄せられました。
IASBはこれに対して、料金規制事業に関する特別な会計基準を開発すべきか否かを検討し、仮に開発するのであれば、料金規制による影響をどのような情報とすることが財務諸表の利用者に最も有用であるかを検討するプロジェクトを再開しています。

今回のEDは、この再開された料金規制事業検討プロジェクトにおいて検討を始める包括的基準が完成するまでの過渡的基準としての提案となり、企業の料金規制事業に関して、比較可能性を確保するためのいくつかの規定を除いて、従前の会計方針の維持が許容されるものです。

料金規制事業に関するEDの主な提案は、以下の通りです。

  • (a)IFRSを初めて適用する企業が、規制繰延勘定の認識、測定及び減損について、IAS第8号11項の定めによることなく、その地域で認められていた従前の会計基準を引き継ぐことを許容する。
  • (b)財政状態計算書において規制繰延勘定残高を個別に表示し、包括利益計算書において規制繰延勘定残高の変動を個別に表示することを求める。
  • (c)当該過渡的基準に従って規制繰延勘定を認識する結果となった料金規制に関する性質やリスクを明確に識別できるような特別な開示を求める。

IASBプレスリリース

公開草案「規制繰延勘定」(英語)

IASBのスナップショット(英語)