新日本有限責任監査法人
国際財務報告基準
(IFRS、国際会計基準)
IASBの動向

公開草案「デリバティブの更改(ノベーション)とヘッジ会計の継続(IAS第39号及びIFRS第9号の改訂)」の公表

2013.03.01

IASBは、2013年2月28日、OTCデリバティブの取引相手を変更する場合のヘッジ会計の中止に関する例外を設けることを提案する、公開草案「デリバティブの更改(ノベーション)とヘッジ会計の継続(IAS第39号及びIFRS第9号の改訂)」を公表しました。

本公開草案では、ヘッジ手段として指定されていた店頭デリバティブが、新しい規制の影響により、特定のカウンターパーティーとの取引から中央清算機関(CCP:Central Counterparty)との取引となるように更改される場合、以下の要件に該当する場合、既存のヘッジ関係を継続できるとする提案がされています。

  • 更改が法律・規制または類似の法的要求によるものである
  • 店頭デリバティブの全ての当事者が更改により同じような影響を受ける
  • カウンターパーティーがCCPになることに伴い契約条件が変更される場合、その変更は、当初からCCPとデリバティブ契約を締結するとしたら必要となる条件に合わせる程度に限定されていること(例:担保要求、相殺権、賦課金)

IASBは、G20のコミットメント(国際的に首尾一貫した統一的方法による店頭デリバティブの監督と透明性の強化)を受けた規制変更により、このようなデリバティブの更改が、さまざまな法域で広範囲に行われることを鑑み、本公開草案を公表しました。

コメント期限は2013年4月2日です。

IFRS Developments 53号

IASBプレスリリース

公開草案「デリバティブの更改(ノベーション)とヘッジ会計の継続(IAS第39号及びIFRS第9号の改訂)」(日本語)

公開草案「デリバティブの更改(ノベーション)とヘッジ会計の継続(IAS第39号及びIFRS第9号の改訂)」(英語)


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?