新日本有限責任監査法人
国際財務報告基準
(IFRS、国際会計基準)

国際会計基準審議会(IASB)ワーク・プラン

(2016年5月20日時点)

IASBが公表するワーク・プランが2016年5月20日付で更新されました。

前回のワーク・プラン(2016年4月22日付)はこちらをご覧ください。

前回のワーク・プラン(4月22日付)からの主な変更点は以下のとおりです。

限定的な改訂

  • 年次改善2014-2016サイクル
    現在審議中。プロジェクトの方針の決定が3カ月以内に予定される。
  • 事業の定義
    現在公開草案の起草中。公開草案の公表が、2016年6月に予定される。
  • 以前より保有していた持分の再測定-事業を構成する共同営業に対する支配又は共同支配の獲得(IFRS第3号及びIFRS第11号の改訂案)
    現在公開草案の起草中。公開草案の公表が、2016年6月に予定される。
  • 投資不動産の振替(IAS第40号の改訂案)
    現在審議中であり、基準の公表が6カ月以内に予定される。

IFRIC解釈指針

外貨建取引及び前払対価

  • 現在審議中であり、解釈指針の公表が6カ月以降に予定される。

下表は、IASBで現在進行している主要プロジェクトの今後のスケジュールです。各プロジェクトに関連する弊社刊行物は、下表プロジェクト名のリンクよりご覧いただけます。詳細情報は IASBのウェブサイトにおけるワーク・プラン IASBのウェブサイトへ をご参照ください。


IASBワーク・プラン(2016年5月20日現在)
予定作業/公表目標時期
主要プロジェクト 現在の活動 3ヵ月内 6ヵ月内 6ヵ月以降
保険契約 基準の起草     基準
概念フレームワーク 審議     概念フレームワーク
開示イニシアティブ:重要性に関するプラクティス・ステートメント 審議   プロジェクトの方針の決定  
ダイナミック・リスク管理:マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ 審議     ディスカッション・ペーパー
料金規制事業 審議     ディスカッション・ペーパー
開示イニシアティブ:開示の原則 ディスカッション・ペーパーの起草   ディスカッション・ペーパー  

予定作業/公表目標時期
限定的な改訂 現在の活動 3ヵ月内 6ヵ月内 6ヵ月以降
年次改善2014-2016年サイクル 審議 プロジェクトの方針の決定    
年次改善2015-2017年サイクル 審議   プロジェクトの方針の決定  
IFRS第9号「金融商品」とIFRS第4号「保険契約」の適用 基準の起草   基準  
適用後レビューから生じた明確化(IFRS第8号の改訂案) 公開草案の起草   公開草案  
株式報酬取引の分類及び測定の明確化(IFRS第2号の改訂案) 基準の起草 基準 (2016年6月予定)    
負債の分類(IAS第1号の改訂案) 審議     基準
事業の定義 公開草案の起草 公開草案 (2016年6月予定)    
開示イニシアティブ:会計方針及び会計上の見積りの変更 審議     公開草案
公正価値測定:会計単位 当該プロジェクトはIFRS第13号のPIRで実施予定        
制度改訂、縮小又は清算時の再測定/確定給付制度からの積立超過の返還の利用可能性(IAS第19号及びIFRIC第14号の改訂案) 審議   プロジェクトの方針の決定  
以前より保有していた持分の再測定-事業を構成する共同営業に対する支配又は共同支配の獲得(IFRS第3号及びIFRS第11号の改訂案) 公開草案の起草 公開草案(2016年6月予定)    
投資不動産の振替(IAS第40号の改訂案) 審議   基準  

予定作業/公表目標時期
IFRIC解釈指針 現在の活動 3ヵ月内 6ヵ月内 6ヵ月以降
法人所得税の会計処理に関する不確実性 審議   プロジェクトの方針の決定  
外貨建取引及び前払対価 審議     解釈指針

予定作業/公表目標時期
リサーチ・プロジェクト  
評価ステージ 潜在的な実務上の論点の評価
割引率
リサーチ結果のレビューを開始
のれんと減損
審議開始
法人所得税
リサーチ結果のレビューを完了。アジェンダ・コンサルテーションのフィードバックを踏まえて、次のステップが検討される。
汚染物質価格制度
ディスカッション・ペーパー公表に向け審議開始
退職後給付(年金含む)
リサーチ結果のレビューを完了。アジェンダ・コンサルテーションのフィードバックを踏まえて、次のステップが検討される。
基本財務諸表(業績報告)
初期調査を開始予定。
引当金、偶発負債及び偶発資産
リサーチ結果のレビューを完了。概念フレームワークの開発を踏まえて、次のステップが検討される。
株式報酬
評価作業を完了し、追加の調査を実施しないことを決定。
開発ステージ ディスカッション・ペーパーの開発
共通支配下の企業結合
ディスカッション・ペーパーの公表に向け、審議開始
開示イニシアティブ-開示の原則(開示の基準レベルのレビューを含む)
2016年中にディスカッション・ペーパーの公表を予定(主要プロジェクト参照)。
ダイナミック・リスク管理:マクロヘッジに対するポートフォリオ再評価アプローチ
ディスカッション・ペーパーの公表に向け審議開始(主要プロジェクト参照)
持分法会計
リサーチ結果のレビューを完了。IFRS第10号、第11号及び第12号の適用後レビューのフィードバックを踏まえて、次のステップが検討される。
資本の特徴を有する金融商品
ディスカッション・ペーパーの公表に向け審議開始
活動していないプロジェクト  
採掘活動/無形資産/研究開発活動
外貨換算
リサーチ・プロジェクトから削除予定
高インフレーション
リサーチ・プロジェクトから削除予定

予定作業/公表目標時期
アジェンダ・コンサルテ―ション 現在の
活動
3カ月以内 6カ月以内 6カ月以降
2015年
アジェンダ・コンサルテーション
(コメント期限2015年12月31日)
審議   フィードバックステートメント