セミナー

企業価値向上のための取締役会の実効性評価
「やらされ仕事」にしないために

コーポレートガバナンス(CG)・コード補充原則4-11③「取締役会の実効性に関する分析・評価(取締役会の実効性評価)」は、当初より最も対応が困難な原則とされ、直近でも45%の企業がエクスプレインしています(東証調べ)。その一方で、多くの企業が当面のCGコード対応を終えた今日、独自のCG強化策を検討・実施する際の出発点として取締役会の実効性評価を位置付けるケースが増えています。単なるCGコード対応では「やらされ仕事」に陥る懸念もありますが、企業価値向上という本来の目的を見据えた、前向きな取り組みとして活用されるようになっていると言えるでしょう。
今回のセミナーでは、企業価値や取締役会に求められているものは何か、といったCGの根本にかかわるテーマを含め、取締役会の実効性評価について解説します。CG強化策を前向に取り組もうとされている皆様のご参考になれば幸いです。

概要

開催日時 2016年12月15日(木) 13:30~15:30 (受付開始 13:00)
場所 新日本有限責任監査法人 梅田阪急ビルオフィスタワー37階
大阪府大阪市北区角田町8-1
対象 取締役・監査役及び企画部・総務部他、CGに従事されている方
参加費
(税抜き)
無料
定員 80名

※先着順でのお申し込みとなりますので、予めご了承下さい。
※筆記用具、受講証をご持参下さい。
※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申し込みはご遠慮下さい。

プログラム

【講師】
EY総合研究所 未来経営研究部 上席主任研究員  深澤 寛晴

※内容は、都合により変更する場合があります。あらかじめご了承下さい。

お申し込み方法

以下の「お申し込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申し込みください。

お問い合わせ

新日本有限責任監査法人 大阪事務所
担当:山本
Email:osaka-kensyu@shinnihon.or.jp
TEL: 06 6940 0100