企業会計ナビ
内部統制

第5回:その他の業務プロセス

2012.04.20
新日本有限責任監査法人 公認会計士 七海健太郎

Q21. 業務プロセスの理解・整理について教えてください。

Answer

重要な事業拠点における、企業の事業目的に大きく関わる勘定科目に至る業務プロセス、財務報告への影響を勘案して重要性の大きい業務プロセスを分析し、財務報告の信頼性に重要な影響を及ぼす統制上の要点(統制上の要点)を選定し、その統制上の要点について内部統制が機能しているか評価するのが、業務プロセスに係る内部統制の評価です。

評価すべき業務プロセスを理解・整理するためには、まず取引の開始から仕訳の作成までの業務の流れを理解・整理する必要があります。そのためには、評価対象とした勘定科目に計上される仕訳パターンを確認し、評価の対象となる業務プロセスを特定する必要があります(<図21-1>参照)。

図21-1 業務プロセスの識別

評価すべき業務プロセスを特定したら、仕訳から上流にさかのぼり、仕訳を生成する業務の流れ(取引フロー)を理解し、担当部署や業務の行われるタイミングによってサブ・プロセスを識別します。そして、理解した業務の流れを、サブ・プロセスごとに業務記述書・フローチャートを作成して整理します(<図21-2>参照)。サブ・プロセスごとに財務報告リスク(財務報告に重要な虚偽記載が発生するリスク)と、それを低減するコントロールを識別したRCM(リスク・コントロール・マトリックス)を作成することになります。

図21-2 サブ・プロセスの識別
図21-2 サブ・プロセスの識別

内部統制
第5回:その他の業務プロセス
 (2012.04.20)

内部統制

情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?