企業会計ナビ
内部統制

第4回:全社的観点で評価する決算・財務報告プロセス及びスプレッドシートの管理

2012.04.05
新日本有限責任監査法人 公認会計士 七海健太郎

Q14. 全社的観点で評価する決算・財務報告プロセスの領域について教えてください。

Answer

全社的観点で評価する決算・財務報告プロセスは、財務報告の信頼性を確保するために、企業グループ全体の体制として整備する仕組みです。実施基準では次のような手続きが例として挙げられており、例えば<図14-1>の網掛けをした部分が考えられます。

  • 総勘定元帳から財務諸表を作成する手続き
  • 連結修正、報告書の結合及び組替など連結財務諸表作成のための仕訳とその内容を記録する手続き
  • 財務諸表に関連する開示事項を記載するための手続き

図14-1 全社的観点で評価する決算・財務報告プロセスの例
図14-1 全社的観点で評価する決算・財務報告プロセスの例

決算・財務報告プロセスは、連結会計方針の決定や会計上の見積り(経営者の判断)など、経営者の方針や考え方のように、全社的な内部統制と性格的に近い部分があり、また各事業拠点で管理が共通していることが多いため、効率性の観点から全社的な内部統制に準じて評価することにしたものと思われます。ただし、グループの会計方針が確立されていない場合や、財務諸表への影響を勘案して重要性の大きい業務プロセスは、全社的観点で評価するのではなく、個別の業務プロセスとして評価する必要があります。


内部統制
第4回:全社的観点で評価する決算・財務報告プロセス及びスプレッドシートの管理
 (2012.04.05)

内部統制

情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?