企業会計ナビ
内部統制

第3回:全社的な内部統制

2012.03.29
新日本有限責任監査法人 公認会計士 湯本純久

Q9. 全社的な内部統制の評価手順について教えてください。

Answer

1. チェックリストの作成

内部統制の目的が達成されるためには、内部統制の六つの基本的要素が全て適切に整備・運用されることが必要となります。そこで、六つの基本的要素ごとに評価項目を列記したチェックリストを作成し、評価項目に対する回答から、有効性を評価することが効果的・効率的です(<図9-1>参照)。(六つの基本的要素については、第1回:Q2「全社的な内部統制とは何ですか。また、業務プロセスに係る内部統制とは何ですか。」参照)

図9-1 チェックリストの例

図9-1 チェックリストの例

2. 評価項目の決定

実施基準には、全社的な内部統制について基本的要素ごとに42の評価項目が例示されており、さらに全社的な内部統制の形態は、企業の置かれた環境や事業の特性などによってさまざまです。企業ごとに適した内部統制を整備・運用することが求められるとされ、必ずしも当該例によらない場合があること、また当該42の評価項目による場合でも、適宜、加除修正することとされています。

よって、実施基準の42項目をベースに、企業ごとに適した評価項目を決定します。ただし、監査人は実施基準の42項目の例に照らして、企業の状況に即した適切な内容になっているかを検討することから、評価項目の削除には慎重に対応すべきです。また、実施基準の評価項目の例は抽象的な表現が多いため、評価対象となる拠点において同一の評価が実施できるように、評価項目を具体的な質問に変更することが有効です。

3. 評価項目に関する改訂実施基準の留意点

基本的要素ごとに全社的な内部統制の整備状況及び運用状況の評価を行うこと、その際の参考として42項目が例示されていること自体に変更はありません。ただし、企業において次の要件を充足した場合には、その旨を記録することで、前年度の運用状況の評価結果を継続して利用することが可能となり、評価手続の簡素化が図られました。

(1) 財務報告の信頼性に特に重要な影響を及ぼす項目でない
(2) 前年度の評価結果は有効
(3) 整備状況について前年度から重要な変更がない項目

また、前年度の評価結果を利用するに当たっては、個々の子会社や事業部等といった評価単位ごとに判断することができます。

4. 統制の状況の記載

チェックリストの評価項目に回答することで、企業の統制の状況を文書化していきます。特に、全社的な内部統制は経営者が自ら回答することが重要ですが、現実的な方法として、評価項目に応じて関係する部署の担当者が回答を行い、それを事務局などが取りまとめ、全体的な整合性などの検討を行った後、経営者がそれを確かめる方法などが考えられます。
また、統制の状況は第三者が理解できるように、5W1Hを考慮しながら記載し、さらに評価業務が効果的・効率的に行えるように、チェックリストには具体的な資料名及び記載箇所(条文番号など)、頻度、主管部署・関係部署を記載することが望まれます。


内部統制
第3回:内部統制の評価範囲の決定
 (2012.03.29)

内部統制

情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?