企業会計ナビ
わかりやすい解説シリーズ「キャッシュ・フロー計算書」

第2回:企業活動とキャッシュ・フロー計算書

2012.11.14
新日本有限責任監査法人 公認会計士 蟹澤啓輔
新日本有限責任監査法人 公認会計士 牧野幸享

1. 企業活動とキャッシュ・フロー計算書

【ポイント】
企業の活動は営業活動、投資活動、財務活動という大きく三つの区分に分けることができます。キャッシュ・フロー計算書には、企業のキャッシュ・フローを当該3区分に分けて記載することになります。

企業の活動は営業活動、投資活動、財務活動という三つの区分に分けることができます。キャッシュ・フロー計算書では、それぞれの活動によるキャッシュ・フローを表示し、期首のキャッシュ残高に当該区分別のキャッシュの増減合計を加減算して、期末のキャッシュ残高を表示する形式をとります。

図2-1
企業活動のイメージ(製造業の場合)

企業活動のイメージ(製造業の場合)

企業活動の中心は営業活動ですが、それぞれの活動は密接に関係しています。


2. 営業活動によるキャッシュ・フロー

【ポイント】
キャッシュ・フロー計算書において、最も重要なキャッシュ・フローは営業活動によるキャッシュ・フローです。営業活動によるキャッシュ・フローには、営業損益計算の対象となる取引及び投資活動及び財務活動以外の取引によるキャッシュ・フローの情報が記載されます。

営業活動によるキャッシュ・フローには、基本的に営業損益計算の対象となる取引に係るキャッシュ・フローの情報が記載されます。

図2-2

図2-2

営業活動によるキャッシュ・フローの主な内容は、営業損益計算の対象となる取引から生じたキャッシュ・フローになります。損益計算書に計上された収益及び費用に伴うキャッシュ・フローの他、営業損益計算の対象となった取引によって生じた売掛金や受取手形などの営業債権の回収による入金や、買掛金などの営業債務の支払いによる支出も含まれます。また、投資活動及び財務活動以外の取引によるキャッシュ・フローについても、キャッシュ・フロー計算書の会計基準上、営業活動によるキャッシュ・フローに含まれることになります。


3. 投資活動によるキャッシュ・フロー

【ポイント】
投資活動によるキャッシュ・フローには、有形無形固定資産の取得及び売却、有価証券の取得及び売却、貸し付けの実行・回収などの投資活動に関係するキャッシュ・フローの情報が記載されます。

設例2-1

投資活動によるキャッシュ・フローには、固定資産の取得及び売却、有価証券の取得及び売却、貸し付けの実行・回収などの投資活動に関係するキャッシュ・フローの情報が記載されます。固定資産には土地や建物、機械装置、備品などの有形固定資産やソフトウエアなどの無形固定資産が含まれ、有価証券には、株式や社債などが含まれます。


4. 財務活動によるキャッシュ・フロー

【ポイント】
財務活動によるキャッシュ・フローには、資金の調達及び返済などの財務活動に関係するキャッシュ・フローの情報が記載されます。

財務活動によるキャッシュ・フローには、資金の調達及び返済によるキャッシュ・フローが記載されます。資金の調達には新規の借り入れや借り換え、社債の発行、新株の発行などが含まれ、資金の返済には借り入れの返済や社債の償還、株主への配当金の支払いなどが含まれます。

設例2-2



わかりやすい解説シリーズ「キャッシュ・フロー計算書」

情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?