企業会計ナビ

債券の利回りがマイナスとなる場合の退職給付債務等の計算における割引率に関する当面の取扱い(案)のポイント

2017.02.01
新日本有限責任監査法人 会計情報トピックス
武澤 玲子

<ASBJから平成29年1月27日に公表>

企業会計基準委員会(ASBJ)は、平成29年1月27日に実務対応報告公開草案第51号「債券の利回りがマイナスとなる場合の退職給付債務等の計算における割引率に関する当面の取扱い(案)」(以下「本公開草案」という。)を公表しています。

本公開草案は、国債等の利回りでマイナスが見受けられる状況に関連して、退職給付債務、勤務費用及び利息費用(以下合わせて「退職給付債務等」という。)の計算において、割引率の基礎とする安全性の高い債券の支払見込期間における利回りがマイナスとなる場合の割引率に関する当面の取扱いを示すことを目的として公表されたものです。

本公開草案に対しては、平成29年3月3日(金)までコメントが募集されています。

1. 本公開草案の概要

(1)会計処理(本公開草案第2項)

退職給付債務等の計算において、割引率の基礎とする安全性の高い債券の支払見込期間における利回りがマイナスとなる場合、以下のいずれかの方法によることが提案されています。

  • 利回りの下限としてゼロを利用する方法
  • マイナスの利回りをそのまま利用する方法

2. 適用時期(本公開草案第3項)

本公開草案は、平成29年3月31日に終了する事業年度から平成30年3月30日に終了する事業年度に限って適用することが提案されています。

なお、本論点に関しては、利回りの下限としてゼロを利用する方法とマイナスの利回りをそのまま利用する方法のいずれかの方法によることを定めたガイダンスの公表に向けて引き続き検討を行い、当該検討の時進捗状況によっては、本公開草案における取扱いを平成30年3月31日以後に終了する事業年度も継続することを検討することが提案されています。

3. 本公開草案に対するコメント

本公開草案に対するコメント募集に際し、以下の個別の質問が示されています。

  • [質問1]  本公開草案では、平成29年3月31日に終了する事業年度から平成30年3月30日に終了する事業年度に限って、利回りの下限としてゼロを利用する方法とマイナスの利回りをそのまま利用する方法のいずれも認めることとする提案に同意するか否か。
  • [質問2]  その他

なお、本稿は本公開草案の概要を記述したものであり、詳細については本文をご参照ください。

企業会計基準委員会ウェブサイトへ


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?