法人案内
ニュースリリース

起業家表彰制度"EOY 2012 Japan"
第11回東北地区大会グランプリ決定

2012年の東北地区で最も優れた起業家に
エヌ・デーソフトウェア株式会社(山形県南陽市)の佐藤廣志氏

2012.08.22

EOY 2012 Japan東北地区大会実行委員会は、2012年8月22日、アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン(Entrepreneur Of The Year Japan、以下「EOY Japan」)第11回東北地区大会アワードレセプション(仙台市で開催)において、2012年度東北地区グランプリをエヌ・デーソフトウェア株式会社(山形県南陽市)の代表取締役社長 佐藤廣志(さとう ひろし)氏に決定いたしました。

佐藤廣志氏
EOY 2012 Japan
   東北地区グランプリ
佐藤廣志氏
エヌ・デーソフトウェア(株)
代表取締役社長

エヌ・デーソフトウェア株式会社は、山形県南陽市にて、1983年より介護・福祉・医療分野の業務支援ソフトウエアの開発・販売等を通じ、誰もが健やかに暮らせる社会の実現を目指し事業活動を行っています。
また、同社は、山形県や南陽市と3者協定を締結し、地域の絆を深め、健康と憩いの森づくりを目指す「やまがた絆の森(NDソフト・こもれびの郷)」などのCSR活動にも注力しています。
佐藤廣志氏は、大きく変化する時代の趨勢を反映して、創業時の電子精密部品の製造業から、ソフトウエア開発へと業容を変革し、少子高齢化・医療費問題などで大きな転換期を迎えている今、介護・福祉・医療分野の業務の省力化と円滑化に大きく貢献しています。
佐藤廣志氏を含む東北地区大会ファイナリストは、本年11月に東京で開催されるEOY 2012 Japanへの選考に臨みます。

【アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーとは】
アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー(Entrepreneur Of The Year、以下EOY)とは、活躍する起業家の姿をロールモデルとして紹介し、後に続くアントレプレナーの輩出を支援するため、1986年にEYによって創設された起業家表彰制度です。
現在、世界約50カ国で実施されています。日本においては、EOY Japanとして、日本のアントレプレナーを国際的なステージに輩出する唯一の起業家表彰制度として、2001年より実施しており、本年で12年目を迎えます。
EOY Japanは、アントレプレナーシップのロールモデル選出に取り組むとともに、本プログラムを通じ、世界に進出する起業家の支援、起業家コミュニティの形成など、次代を担う起業家のサポートを推進してまいります。

【EOY 2012 Japan 第11回東北地区大会 ファイナリスト一覧】

<アクセラレーティング部門>

  • 佐藤廣志氏 エヌ・デーソフトウェア株式会社 代表取締役社長(山形県南陽市)
    介護・福祉・医療分野の業務支援ソフトウエアの開発・販売等を通じて、誰もが健やかに暮らせる社会の実現を目指している。CSR活動を通じて、地域活性化・環境問題へも注力。
  • 木村一義氏 株式会社シェルター 代表取締役(山形県山形市)
    「世界一流の住まいづくり」という創業精神のもと、KES構法で住宅から大規模建築物までのあらゆる形状の木造空間を高い耐震性で提供。阪神淡路大震災、東日本大震災の激震を経ても、全建造物は無傷であり、高い耐震強度を実証。国産木材の利用拡大、林業振興にも大きく貢献している。
  • 服部國彦氏 大青工業株式会社 代表取締役社長(青森県青森市)
    北国の生活の知恵から、冷凍でもなく冷蔵でもない、その中間領域に位置する冷熱技術「氷温」を開発。新陳代謝を抑制して鮮度を維持し、「旨味」を増加させる冷熱技術は、りんごから活魚までの幅広い生鮮品に使われている。「冷熱をデザインする」を理念に、冷熱技術で農・水産業を力強くサポートしている。
  • 田面木(たものき)哲也氏 株式会社ニュートン 代表取締役社長(岩手県八幡平市)
    「無いものは自分で創る」を理念に、射出成形加工による高品質なプラスチック製品を製造販売。地域に根差しながらも、中国、フィリピンの関係会社と連携して、世界に製品を提供。製造設備は独自に全て開発して、斬新な発想を「カタチ」にする技術力で高品質な製品をグローバルな視点で開発し続けている。

※他部門は該当者なし。各部門の詳細については以下をご参照ください。

【EOY 2012 Japan 第11回東北地区大会 運営体制】

主催 :
アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー東北地区大会実行委員会

共催 :
新日本有限責任監査法人 アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー運営事務局

後援 :
東北経済産業局、中小企業基盤整備機構東北本部、社団法人東北経済連合会、 東経連ビジネスセンター、 社団法人東北ニュービジネス協議会、 公益財団法人東北活性化研究センター

《 EOY 2012 Japan 東北地区大会に関するお問い合わせ 》
アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー東北地区大会実行委員会事務局
新日本有限責任監査法人 仙台事務所
TEL : 022 262 0325 FAX : 022 264 9480

以上


《 EOY 2012 Japanに関するお問い合わせ 》
新日本有限責任監査法人アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー運営事務局
TEL : 03 3503 1004 FAX : 03 3503 1532
www.shinnihon.or.jp/eoy

新日本有限責任監査法人 広報担当
東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル
TEL : 03 3503 1037 FAX : 03 3503 1041